2017年1月31日火曜日

小さな事に

鹿児島ルター君の朝のみ言葉

ルカ  19:17 良い僕だ。よくやった。お前はごく小さな事に忠実だったから、十の町の支配権を授けよう。

どんな小さな教会でも、伝統の継承というものがあります。伝統といえばおおげさですが、なにかしら伝わっているものがあるのです。ある時に特別伝道で招かれた教会では、バザーのうどんの作り方に伝統がありました。それは、特定された湯飲みで三杯の醤油をそそぎ、だしは鰹節と鯵ぶし、それに昆布はある一定の地域ものを使用し割合がこまかく指定してあるのだそうです。そして最後には真っ赤に焼いた火箸をだしにつっこみ一周させる。ただし、半周でジューといわなくなったら焼き方がたりない。かならず一周させることといった伝統が残っていました。なんとも微笑ましい限りです。その教会が守ってきたよい伝統は、どんな小さなものでも受け継がれて新しい人々へと伝えられていきます。ただ伝えられるだけでなく、信仰とともに伝えられていくのです。

ムナ(タラント)のたとえです。タラントとはタレント、才能・能力のことです。ある主人が10人の僕に1人1ムナ(お金の単位)を渡して旅にでます。留守のあいだこのお金で商売をしなさいと命令します。ある人は1ムナで10ムナを儲けます。ある人は5ムナにします。しかし、一人だけ布に包んでしまっておいた人がいました。減らすのが恐ろしくてなにもしなかったのです。この僕には主人は厳しく全財産を没収します。儲けた僕に対する言葉が今日の聖書の言葉です。

幼稚園の年少時の夏の思い出です。あるとき道で35円を拾いました。それを健軍教会のそばにあった交番に友達3人と届けたのです。おまわりさんは大変ほめてくれて、アイスクリームとアンパンをご馳走してくれました。そして「これからもどんな小さなお金も大切にしてね」と頭をなでてくれました。いまでも良い思いでとなっています。「どんな小さな」という言葉と、「大切に」がいまでも耳に残っています。

イエス様は「お前はごく小さな事に忠実だったから」と言われました。私たちが与えられている働きはどんな小さなものでも神様の働きです。私たちは神様からこれを任されて与えられています。私たちのことを信頼して任せてくださっている。「ごく小さな事」にも忠実でいましょう。