2017年3月29日水曜日

ユーモアが生かすこと

鹿児島ルター君の朝のみ言葉

「ユーモアが生かすこと」

ヨハネ 21:17 ヨハネの子シモン、わたしを愛しているか

野村克也楽天監督の本を読んでいます。そこに「監督の大きさ以上のチームにはなれない」とありました。そのとおりですね。監督の人間的な大きさが、そのチームの大きさとなるのでしょう。これを牧師のスケールの大きさが、その教会の大きさとなると読むと、なかなか厳しいものがあります。どんなチームでも上にたつものの大きさが問題かな。どこまで状況を受け入れ、指示がだせるか。

本日の清書は、復活したイエス様がペトロに3回聞かれたことばが「わたしを愛しているか」でした。多くの意味を含んでいると思います。十字架のとき3回もイエス様を知らないと否定したペトロ。だから同じように3回も聞かれたのだと。そうなると「裁き」かな?と思います。しかし、何度もよんでいるとイエス様の大きさを感じる言葉です。また神様のユーモアがあるように思います。先に「わたしはあなたを愛しているよ」と聞こえてくるのです。

会議でいつも天国ジョークを話される方がおられます。ある教派の総主事なのですが。その話をきっかけに場がなごみ、会議がスムースにいくことが多いように思います。先日のジョークはこれでした。「ある教会に若いカップルが訪れ、結婚式の申し込みをしました。しかし、結婚式の前日に事故で天国に召されてしまったのです。二人は天国の門番であるペトロに『地上では明日が結婚式でした。天国ではめとることも嫁ぐこともないと聖書に書いてあるので、天国に入る前にここで結婚式をあげさせてください』と願いました。ペトロも2人のことを思い了解しました。ペトロは『どこの教会で結婚式をするつもりだったか』と聞きました。『ルーテル教会です』(どこの教会でもいい)とこたえました。ペトロは天国の中にいるルーテル教会の牧師をここに連れてくる約束をし、探しにいきました。しかし長い時間か帰ってきませんでした。かなりたったころペトロは門のところにきていいました。『大変残念ですが、ここに牧師はひとりもいない』と答えましたとさ」 。一つのユーモアが場を和ませます。

イエス様の大きさは、計り知ることができません。その大きさはペトロに「愛しているか」というみ言葉に集約されているように思います。その大きさに触れたペトロは「悲しくなった」のです。こんなに自分を愛しておられる方がいてくださるという胸を打たれる悲しさだったのでしょう。